化学プラント塔槽類の機器設計、配管設計、架台設計、熱応力計算、圧損計算、応力解析、現場調査、3D測定、機器製作、人材派遣業務|株式会社 北葉エンジニアリング(千葉市中央区)

プラント機器・配管・架台の設計から各種構造計算まで対応いたします。

北葉エンジニアリング(千葉市中央区今井)は、化学プラント内の塔槽類を中心に機器設計、配管設計、架台設計、熱応力計算、圧損計算、応力解析、現場調査、3D測定を主業としています。また、お客様からのご要望に応え、設計した機器の製作やエンジニアの派遣業務等も近年では行っています。
プラント機器・配管・架台の設計から各種構造計算まで対応可能なエンジニアをお探しでしたら、ぜひ弊社に相談ください。ご要望にお応えいたします。

お知らせ/新着情報


お知らせ

ご来場ありがとうございました。

2021年11月17~19日開催のINCHEM TOKYO2021にご来場頂きありがとうございました。

創業以来、初の展示会出展でした。不安を抱えての出展でありましたが、熱心なご質問を数多く頂きました。

3Dスキャンとその活用を巡ってはユーザー各社が悩みを抱えている部分であり、当社がその一助になれることを願っています。

お知らせ

INCHEM TOKYO2021に出展します

2021年11月17~19日開催の化学およびプロセス産業用プラントの総合展示会「INCHEM TOKYO 2021」に出展します。

昨年より導入した3Dレーザスキャナーの実機展示や受託設計全般の紹介をします。

3D設計では「AutoCAD PLANT 3D」や導入検討中の設備設計CAD「Rebro」などのユーザー同士の情報交換の場ともしたいので、気軽にお立ち寄り下さい。WEBにて事前登録が必要です。

場所:東京ビッグサイト 南1・2ホール

詳細はこちら

業務報告

3D-CADによるタンク配管設計

AutoCAD PLANT 3Dにより、10本以上の新規ラインを敷設するタンク廻り配管の設計を行いました。 (さらに…)

3Dレーザ測定

寒川神社のスキャンデータ化を行いました

寒川神社様(千葉市中央区寒川)のご厚意により3Dレーザスキャナー撮影の機会を戴きました。 (さらに…)

3Dレーザ測定

スキャンデータを用いた配管製作(動画)

3Dレーザスキャナーのスキャン能力を確認するために配管の実機製作の実証実験を行いました。

ターゲットは25AのPP製フランジ2箇所です。測定データから両者を繋ぐ配管を設計・製作・据付が可能かどうかを確認しました。

You Tubeで視聴可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=jv9umAkZY6g

お知らせ

2020年11月 三次元レーザスキャナー導入

3Dレーザスキャナー『FocusS 350/350 Plus』、及び『FocusS 150/150 Plus』を導入しました。 (さらに…)

業務報告

2020年10月 数十ラインから構成される3D配管モデルの構築

AUTO CAD PLANT 3Dにより当社初の3D配管図作成業務を行いました。

数十ラインから構成される燃料、気体配管から構成される複雑な配管群のモデル化を行い、可視性が向上しました。 (さらに…)

業務報告

2020年10月 粗軽油タンク更新設計

危険物(ベンゼンなど)を貯蔵する3000KLの屋外危険物タンクの補修工事の設計

ディフーザー、手摺、ノズルなど腐食箇所の更新設計を行いました。更新設計は、消防法危険物の規制に関する規則の補修基準に則って実施します。

お知らせ

AUTO CADをアップグレードしました

2020年1月より当社の使用CADソフト「AutoCAD LT」の一部を「AutoCAD Plant 3Dツールセット」に更新しました。

アイソメ・材料表の自動出力、フローシートとの相互チェック機能を備えた本ソフトは今後の配管設計業務の主力を担うものと確信しています。

お客様側でもブラウザ上で3Dビューを確認できますので、プレゼンツールとしてもご利用頂けます。

業務報告

2020年08月 千葉市の化学工場配管(大径ダクト)の設計

直径2m、総延長1km超えの大径ダクトの設計を行いました。大径ダクトは設計標準が充実しているものの、新設ルートの設置にあたっては地中障害物や電線が発見され、度重なる設計変更・荷重設計の見直しを行い完成にいたりました。ダクトサポート、バルブ操作架台、ユーティリティー配管等も合わせて手掛けています。

PAGETOP